<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 30日

前庭神経炎

体調を崩しウロウロしている間に秋が過去り、ホトトギスが名残惜しげに咲いています。
c0259677_152230.jpg


11月3日午後3時に激しいめまいと嘔吐に突然襲われました。今まで経験したことの無いもので、なかなかおさまらず夫が救急車を呼んで東京医療センター(駒沢)に運ばれました。
救急治療室でめまいを止める処置をいてもらい、5時半頃やっとひどい発作はおさまりましたがそのまま6日まで入院。「前庭神経炎」という病気で風邪のウィルスが前庭神経(平行感覚に関連している神経)に付いて炎症をおこしたとのこと。退院した6日にはひどいめまいは収まっていたのですが、頭を動かすとフワーッと安定感を失う状態、TVやパソコンのチラチラした動きを目で追うとめまいが起きそうでなかなかすっきり抜けません。2,3か月かかるそうです。それでもやっとパソコンに向かう気が起きました。
この病気は誰にでも起こるようです。これから師走に入り忙しくなりますが皆様もどうぞご自愛ください。
[PR]

by Luna-ry | 2013-11-30 20:21 | 写真以外のこと | Comments(5)
2013年 11月 03日

オーストリアりょこう

オーストリア旅行(3)

ホテルの真向かいにあるレストラン「オットー」は昼、夜よく利用しました。国籍が違う4カップルがドヤドヤ行くので1年に1回でも7回目になるとウエイターが顔を覚えてくれました。このレストランは味が良くサービスもよく、いつも賑わっています。老婦人が一人で食事を楽しんでいる姿もよく見かけました。丁度9月から10月の初旬は「シュトゥルム(strum)」という葡萄果汁が半発酵状態の熟成度が低いワインになる中途の、葡萄の甘さの際立つ若いワインを楽しむ時期だそうで、それだけを頼んでいる人達もいました。
c0259677_11404530.jpg


カワカマスのフィレのフライ。これは日本のカマスの味でレモンを絞って頂くとあっさりとしてこうばしく、完食。
c0259677_11443567.jpg


ウインナーシュニッツエル、シュニッツエルというのはカツレツで仔牛か豚の肉を叩いて薄くのばしパン粉をつけて揚げたもの、日本のカツと違ってロースではなく赤身のところを使ってしかも薄いのでパリッとしさっぱりした味で美味しいですが、キャベツの千切りとトンカツソースがあったらもっと美味しいかな~
c0259677_11463266.jpg


食後のコーヒーはいろいろあり、メランジュ(カフェラテ)、ホイップドクリームを浮かべたモカコヒー(日本で言うウィンナーコヒー)、ブラウナー(brauner)これは「茶色」を意味するらしいのですが、小さいカップと大きいカップがあり、私はもっぱら「アイネ クライネ ブラウネ(小さいカップのブラウネ)お願いします。」と頼んでいました。これはエスプレッソでした。ちなみに大きいカップは「グロッサー」でエスプレッソがたっぷり入っているもの。
c0259677_11493685.jpg

[PR]

by Luna-ry | 2013-11-03 11:51 | 旅行 | Comments(1)